限定「エヴァスマホ」の見どころ

「エヴァンゲリオン スマートフォン SH-M02-EVA20」は、「新世紀エヴァンゲリオン」のテレビ放送開始から20周年を記念して開発された、3万台限定のSIMロックフリーのスマートフォン。「エヴァンゲリオンスマホ開発委員会」がプロジェクトを進め、限定3万人のオフィシャルサポーターを募りデザインや機能に関する声を取り入れて完成した。
11月2日から全国のセブンイレブン限定で予約を受け付け、先着5000台は12月下旬に届けられるそうだ。価格は7万8000円。開発はシャープが手掛け、同社のSIMロックフリースマートフォン「AQUOS SH-M02」がベースとなっている。同じくAQUOS SH-M02をベースにしたgooのスマホ「g04」の価格は3万8800円でエヴァスマホは4万円高い。デザインや独自コンテンツに4万円分の価値を見いだせるかどうかが購入の決め手になる。
背面には「20周年」を強調すべく「20th Anniversary」の文字をプリントした。また「最新技術を使った特殊な加工」により、エヴァンゲリオン初号機が3色を使ったグラデーションを背景にして描かれている。この初号機はシールで貼っており、上からコーティングしている。背面はメタリックな雰囲気を醸し出しているが、素材は樹脂を使っているとのこと。サイドキーも初号機をイメージしてオレンジ色になっている。
353枚の壁紙と描き下ろしのイラスト12枚をあわせた全365枚の壁紙が用意され、オリジナルアプリ「365EVAWALL」に格納されている。壁紙は9枚がプリセットされているが、0時になると1枚ずつ追加されるそうだ。365EVAWALLを壁紙に設定すると毎日自動的に我部が身が変更されるので、毎日違う壁紙を楽しむことができる。サウンドにもこだわり、全55種の音声と効果音を用意したとのこと。新劇場版で使われている21種類の効果音のほか、事前アンケートで人気の高かったレイ、アスカ、ミサト、ペンペンの録り下ろしボイス34種類を収録。なお、55種類の音声と効果音すべてがプリセットされているわけではなく、20種類の音源はミッションをクリアすると入手できるそうだ。ミッションは、クイズに答える、EVASOUNDを起動して50日間待つ…など。
主なスペックは5型HD液晶、クアッドコアCPU、2450mAhバッテリー、2GBのメインメモリ、16GBのストレージで、ミッドレンジに位置付けられる。一方、おサイフケータイ、赤外線通信、防水といった日本おなじみの機能は利用できるそうだ。使用できるSIMカードのサイズはnanoSIM。SIMカードはセットでは販売されず、各自で用意する必要がある。なおau回線のSIMカードは利用できないそうだ。
壁紙やサウンド、オリジナルアプリなどはファンには嬉しい機能も搭載されている。4人(?)のキャラクター以外のキャラのボイスを聞きたい人もいると思うのだが、今後増える予定はあるのだろうか…。