よいとまけ

北海道苫小牧市の三星の銘菓「よいとまけ」が若者層を中心に全国から注目を集めているそうです。EXILEのメンバーで苫小牧出身のSHOKICHIさんが昨年12月中旬、故郷の銘菓としてテレビ番組で紹介したのがきっかけのようです。人気アーティストが取り上げたことで注文が急激に増え、苫小牧のPRほか地元銘菓への若い世代の支持拡大も期待できそうです。
よいとまけは年間100万本を売り上げる苫小牧の銘菓。ハスカップのジャムが表面にコーティングされ、地元の人たちに愛されています。番組はフジテレビ系列で毎週水曜日の深夜に放送されている「EXILEカジノJP」と言う番組で、関東では昨年12月16日、北海道では1月7日に放映されました。メンバー3人で地元銘菓で対決する内容で、SHOKICHIさんは日本一食べにくいけどおいしいお菓子として紹介していたそうです。苫小牧の特産品、ハスカップについても触れていたようです。放映直後からインターネット注文が通常の10倍に跳ね上がったほか、12月下旬にEXILEの札幌公園があった際は新千歳空港内の売店の依頼で通常の約5倍にあたる1500本を納入したとこのと。よいとまけは2011年にもテレビ番組「秘密のケンミンSHOW」で紹介され、放映以降それまでの年間60~70万本から100万本以上に伸び、これを維持しているそうです。テレビの力と言うのは凄いですね。