カフェオレ、カフェラテ、カプチーノの違い

聞かれるとなかなか答えられないカフェオレとカフェラテ、カプチーノの違い。明確な違いは何なのでしょうか?
まずはコーヒーの抽出方法。カフェオレがネルやペーパーでドリップしたコーヒーを使うのに対して、カフェラテとカプチーノはエスプレッソを使用します。エスプレッソは細かく挽いた豆に圧力をかけ、短時間で抽出したコーヒーで、ドリップコーヒーに比べて旨味が凝縮し、カフェインの少ないキレのある味だと言われています。次に牛乳ですが、カプチーノで使われているのは蒸気でフワフワに泡立ったフォームドミルクです。加えるフォームドミルクの量が少ないとカフェマキアートになります。ややこしいのはカフェオレとカフェラテで、いずれも温かい牛乳を使うのは同じですが、カフェオレが鍋に入れて火にかけて温めた牛乳のことが多いのに対して、カフェラテは蒸気で温めたスチームドミルクと呼ばれるものを使います。さらに混乱を招きやすいのはそこにフォームドミルクを混ぜる場合があるということです。いずれにしても蒸気で温めると空気を含むため、なめらかな味わいになるそうです。これらの違いはドリップコーヒーを好むフランスと、エスプレッソをたしなむイタリアのコーヒー文化の違いからきているとのこと。違いを分かったうえで飲むと、味の違いをより深く楽しめるかもしれませんね。