イクスピアリの映画館、個人情報流出か?

千葉県の浦安市、東京ディズニーリゾートにある複合施設の映画館「シネマイクスピアリ」を運営するイクスピアリは12月1日、同社のウェブサーバーに不正のアクセスがあり、顧客の個人情報が外部に流出したことを発表しました。
最大2432人の情報が漏れた恐れがあり、千葉県警に相談しているといいます。
同社によりますと、情報漏えいの可能性があるのは、10月17日~30日にオンラインチケットの購入システム「Myシート・リザーブ」でチケットを購入した1414人、10月17日~11月4日に会員カードによって「ムービーファンカード」の会員ページに個人情報を登録した1120人です。
うち102人が両方に個人情報を入力したといいます。
カード番号のほか、氏名、電話番号、住所、生年月日などが流出をした可能性があり、実際にクレジットカードが不正使用されたケースが複数確認されたといいます。
10月30日にカード決済代行会社から「情報が漏えいしたのではないか」と連絡があり、両サービスを停止し、調査をしていました。
12月2日に対象者におわびのメールを送り、カード番号変更に伴う手数料、不正利用による被害額などを顧客に負担させない措置もとるといいます。