OCNモバイルONE メリット デメリット

OCNモバイルONEのメリット・デメリット

OCNモバイルONEの”メリット・デメリット”について紹介します。
格安SIMに乗り換える予定のある方など、参考にしてみてください。

 

OCN

 

メリット

”OCNでんわ 5分かけ放題オプション”で5分以内の通話が回数制限なくかけ放題

”OCNでんわ 5分かけ放題オプション”は、月額料金850円で5分以内の通話なら時間帯や回数の制限なく、定額で何度でも電話をかけられるサービスのことです。
また、5分を過ぎた分の通話料金も、通常が30秒で20円かかるところが半額の30秒10円なのでお得に通話が出来ます。
格安SIMでも短時間の通話をしたいという人は、”OCNでんわ 5分かけ放題オプション”がオススメです。

月単位だけでなく日単位で高速通信容量の上限が設定されたプランがある

OCNモバイルONEには、月単位だけでなく日単位で高速通信容量の上限が設定されたプランがあります。
一般的な格安SIMにあるプランは、(例)1ヶ月に3GBを超える高速通信を行うと最大速度が200kbpsに制限される月単位でのプランが多々あります。
CNモバイルONEは1ヶ月だけでなく、1日に110MBや170MBまで高速通信が可能という独自の日単位プランが用意されています。
OCNモバイルONEの日単位コース110MBは1日110MBで月額900円です。
利用できる高速通信容量は1ヶ月に換算すると、110MBx30日=3.3GBで、一般的な格安SIMによくある3GBで900円のプランに比べると、300MB分OCNモバイルONEの方がお得になっています。
日によって通信量の増減が少ないユーザーには、1日単位で上限が設定されるプランは向いていると言えますね。

余った通信量は月単位コースでは翌月に、日単位コースでは翌日に繰り越せる

OCNモバイルONEでは、余った通信量は月単位コース・日単位コースともに繰り越しが可能です。
月単位の3.0GB・5.0GB・10.0GBの場合は、その月に余った高速通信容量は翌月に繰り越され、利用期限は翌月末日まで。
日単位の110MB・170MBの場合は、当日余った高速通信容量は翌日に繰り越され、利用期限は翌日まで。
余った容量を翌日に繰り越せるのは、無駄を作らず嬉しいですね。

日単位のコースでは+500円で高速通信を1日使い放題

OCNモバイルONEでは、日単位コースで1日に利用できる高速通信容量を使い切ってしまった場合、+500円でその日1日は高速通信が使い放題というオプションあります。
OCNモバイルONEの日単位コース110MB・170MBに契約をしていれば、どうしても大量の通信が必要となっても容量を気にせず、1日高速通信を使えるので安心ですね。
月単位コース3.0GB・5.0GB・10.0GBの場合は+500円で0.5GBの高速通信容量が追加出来ます。
また、+500円で1日使い放題のオプション・容量追加は、1ヶ月に利用できるのが6回までなので注意が必要です。

高速と低速の切替が手動で可能な”ターボ機能”

”ターボ機能”とは、ユーザーが高速と低速の切り替えを手動で行うことができる機能のことです。
ターボ機能をオンにすれば、LTEによる高速通信が可能になりますが、高速通信容量を消費していきます。
オフにしておくと、最大速度が200kbpsに制限されますが、高速通信容量は一切消費せず節約ができます。
ターボ機能のオン/オフは、スマホ用のアプリやOCNのマイページから何回でも無料で切り替えることが可能です。
高速通信を必要としない場合は、低速に切り替え節約できるのが便利です。

”バースト転送機能”により最大200kbpsの低速通信時でも、最初の150KB分の通信は高速で通信できる

OCNモバイルONEは、最大受信速度が200kbpsに制限された低速状態でも、最初の150KB分の通信は高速で通信する”バースト転送機能”の提供を2016年9月中旬より行います。
バースト転送は、テキストがメインのWebページなど画像が少ない・データ量が少ない通信をする際に、一気にデータ受信をしてくれるので便利です。
OCNモバイルONEのバースト転送機能は、1ヶ月や1日に使える高速通信容量の上限を過ぎてしまった場合のみならず、ターボ機能を使って低速通信に切り替えている場合でも適用されます。

音声対応SIMなら月額300円のIP電話”050plus”が無料で利用できる

OCNモバイルONEでは、NTTコムが提供する月額300円のIP電話”050plus”を無料で使うことが可能です。
データ通信専用SIMでも半額の150円利用が可能。
050plusを利用することで、050plus同士・無料通話先プロバイダの050からはじまるIP電話との通話が無料になります。
また、一般の固定電話への通話料は1分8円、携帯電話への通話料は1分16円という価格で、格安SIMの一般的な通話料である”30秒20円”と比べると050plusはとても安いです。

050plusの通話時にかかる通信量は高速通信容量としてカウントしない

050plusですが、通話には通信が必要で低速通信では十分な品質で通話を利用することが難しいです。
ですが、高速通信で通話するとOCNモバイルONEの月・日で決まっている高速通信容量を、消費してしまいます。
そこでOCNモバイルONEが2015年7月27日より”カウントフリー機能”の提供を始めました。
カウントフリー機能は、NTTコムが提供するアプリを利用する際に発生するデータ通信量が、OCNモバイルONEで設定されている高速通信容量としてカウントされなくなり、データ通信料が無料になる機能のことです。
050plusは、カウントフリー機能の対象になっています。
OCNモバイルONEで、050plusアプリを利用することで高速通信容量を気にせずにIP電話を利用することができます。
カウントフリー機能は他の格安SIMにはないので、格安SIMでも通話をたくさんしたいという方はOCNモバイルONEがオススメです。

高速通信・低速通信とも速度制限がない

OCNモバイルONEには、3日間で一定以上の通信をした場合に制限がかかってしまうということはありません。
多くの格安SIMでは、高速通信時には速度制限がなくても低速通信時に制限があったりします。
ですがOCNモバイルONEでは、高速時も低速時も3日間で通信のしすぎによる速度制限がないので、速度制限に悩まされることはありません。

1契約で持てるSIMが最大5枚

OCNモバイルONEは、1契約で最大5枚のSIMを持つことができ、高速通信容量を共有すること可能です。
家族でまとめて格安SIMを使いたい場合や1人で複数の端末にSIMを挿して使いたいという場合、それぞれ個別に契約するよりも毎月の料金が安くなります。
※注意※

  • 追加したSIM1枚につき月額450円の支払いがあります
  • OCNモバイルONEの申し込み日を含む月に、SIMカードの追加は不可です
  • SIMカードの追加は1ヶ月に1回しかできない

最低利用期間が短い

OCNモバイルONEは、音声対応SIMの最低利用期間が6ヶ月と短い設定です。
一般的な格安SIMのほとんどが音声通話機能つきのSIMの最低利用期間を12ヶ月に設定している中、縛りが半年というのは嬉しい期間設定だと思います。
また、最低利用期間内に解約する場合も、解約金が8,000円と最も安いです。

 

デメリット

通信速度は速くない

OCNモバイルONEの、通信速度の遅さがデメリットと考えられます。
OCNモバイルONEは、格安SIMの中でもトップクラスのユーザー数を抱えています。
その為か、安定した良好な通信速度の維持が難しいようです。
最も通信速度が遅くなる昼間は、Youtubeの動画などを再生すると途中で止まったり、読み込み中になる場合も…
動画以外についても、若干表示に時間がかかることもあります。
動画など、快適に通信をしたいという方は、他のMVNOの方がいいかもしれません。

他社の格安SIMと比べると料金が少し高い

OCNモバイルONEは日単位コースの110MB・170MBといった、1日単位での高速通信容量の制限を設けた料金プランが特徴的です。
ですが、月単位コースを見てみると他社の格安SIMと比べて少し高めになっています。
例えば、OCNモバイルONEの月単位コース3GBは月額1,100円ですが、他社の格安SIMは月3GBの高速通信容量で900円ほどの値段が相場です。
価格の安さが魅力の格安SIMにおいて、この金額の差は大きいと感じる方も多々いるかと思います。
こうした面を考えると、デメリットになってしまいますね。
以上がOCNモバイルONEのメリット・デメリットでした。
参考になりましたでしょうか。
他にも、メリット・デメリットについて記事を書いています。
気になったら確認してみてください。