SkyLinkMobile メリット デメリット

SkyLinkMobileのメリット・デメリット

SkyLinkMobileの”メリット・デメリット”について紹介します。
格安SIMに乗り換える予定のある方など、参考にしてみてください。

 

メリット

低速使い放題”フリーデータコース”

SkyLinkMobileには、低速通信が使い放題になる”フリーデータコース”というプランがあります。
料金は780円〜となっています。
通信速度300kbpsで、無制限に使える比較的低価格で利用できるコースです。
どのプランでも”フリーデータコース”付けられるのが嬉しいですね。

IP電話アプリ”SkyLinkPhone”

SkyLinkMobileには、IP電話アプリの”SkyLinkPhone”というものもあります。
基本料金は194円/月で、リーズナブルに利用が出来ます。
090や080の電話番号ではありませんが、IP電話でも構わないという人にはオススメです。
電話はふとした時に、意外と使います。
IP電話でも、通話機能はあった方が良いですね。

”デイリープラン”がある

1日ごとに通信容量が決まっている、”デイリープラン”というプランもあります。
1日110MBまで高速通信を使えるプランになります。
デイリープランがあるMVNOは割と少なく、料金も1,058円/月なので比較的安く利用が出来ます。
1日の通信料が一定で決まっている人には、オススメのプランとなっています。

SMS機能付きSIMに対応

それぞれのSIMプランは、SMSを利用することが可能となっています。
SMSを使った分だけの料金払う、というようになっています。
SMSは、アプリの登録時など最近では使う機会も少なくありません。
その為、SMS機能があるのは嬉しいですね。

最低利用期間がない

大手キャリアですと2年縛りがあり、それが嫌で格安SIMに変える人も少なくありません。
格安SIMでも1年など、縛りがあっても比較的短い期間のMVNOが多いです。
しかし、SkyLinkMobileでは最低利用期間が設定されていません。
縛りが嫌な人にはぴったりのプランです。

 

デメリット

音声通話に対応したSIMがない

SkyLinkMobileは、音声通話に対応していません。
IP電話がSkyLinkPhoneで利用できますが、従来の090・080の電話番号が使えなくなります。
音声通話の機能を利用したい人は、向いていないと言えます。

1日ごとの通信制限後の速度が100Kbps

SkyLinkMobileには、デイリープランがありますが1日110MBを超えると速度制限にかかってしまいます。
翌日には解除されますが、制限にかかると200kbpsの低速になってしまいます。
容量を気にしながらデータ通信を使うのは、少し嫌だなと思ってしまいますね。

1ヶ月契約のプランが少ない

SkyLinkMobileの1ヶ月契約のプランは、”マンスリー(4G/月)”プランのみとなっています。
選択肢が極端に少ないので、月ごとのプランを探している人にはオススメ出来ません。
他のMVNOの方がプランや機能などが充実していると思います。

データ容量の追加購入が出来ない

速度制限にかかってしまった場合に、データ容量の追加購入が出来ません。
データ通信をあまりしない人などは良いのですが、たくさんのデータ通信をする人には向いていません。
以上がSkyLinkMobileのメリット・デメリットでした。
参考になりましたでしょうか。
他にも、メリット・デメリットについて記事を書いています。
気になったら確認してみてください。