Tikimo SIM メリット デメリット

Tikimo SIMのメリット・デメリット

Tikimo SIMの”メリット・デメリット”について紹介します。
格安SIMに乗り換える予定のある方など、参考にしてみてください。

 

メリット

シェアプラン

Tikimo SIMには”シェアプラン”という、1契約で複数のSIMの利用が出来るプランを提供しています。
友人・恋人・家族など、複数人で格安スマホへ乗り換える人やタブレットなど複数の端末で利用したい人などにオススメのプランです。
皆一緒に使えば、お得になるのが嬉しいメリットです。
ちなみにシェアプランは、DMMモバイルなど他のMVNOでも提供していますが、価格は他のMVNOと比べてもリーズナブルに設定されています。
複数のSIMを利用したいなら、Tikimo SIMで!

”Tiki光”とのセット割

”Tiki光”を現在契約している人は、Tikimo SIMを契約することでセット割が適用されて、月額料金が200円割引されます。
Tiki光を利用していて格安スマホに乗り換えようと思っている人は、Tikimo SIMにすることでお得にスマホを利用することが出来ます。
200円ですが、割引は嬉しいサービスかと思います。
もともと安い格安SIMが、もっと安くなるのはメリットですね。

年契約一括前払いコース

MVNOといえば、クレジットカードでしか契約することが出来ないことで有名ですね。
Tikimo SIMは、クレジットカード以外にゆうちょ・コンビニ振り込みで契約することが可能となっています。
しかし、全てのプランでゆうちょ・コンビニ振り込みが出来るわけではありません。
”年契約一括前払いコース”というプランのみ、ゆうちょ・コンビニ振り込みでの契約が可能です。
年契約一括前払いコースのデータ容量は”3GB/SMS機能なし・通話機能なし”のプランのみなので、選択肢は少なくなっています。
しかし、1年分を一括で10,800円で契約することができるので、クレジットカードを持っていないけど格安SIMを契約したいという人にぴったりのプランです。
クレジットカードを持っていない人は少なくないと思うので、こちらのプランは嬉しいですね。

 

デメリット

知名度低い

楽天モバイル・OCN・BIGLOBEなどの有名なMVNOが多い中、Tikimo SIMは知っている人も少なく、やや知名度が低いという欠点があります。
知名度低いということは、使っている人が少ないので回線が混雑せず、通信速度が安定する可能性が高いという場合もあります。
しかし、安心感がないと感じる人もいるかもしれません。
そういった不安を抱いてしまう人は、他のMVNOを選ぶのが良いでしょう。

データSIMに最低利用期間がある

通常MVNOではデータSIMには最低利用期間がなく、通話SIMには12ヶ月ほど最低利用期間が設定されていることが多々あります。
しかし、Tikimo SIMにはデータSIMにも最低利用期間が設定されています。
3ヶ月以内で解約した場合は2,000円の違約金と金額的には高くありませんが、他のMVNOには違約金がないので損した気分になりますね。
縛り期間が無い方が良いという人には向いていないです。
以上がTikimo SIMのメリット・デメリットでした。
参考になりましたでしょうか。
他にも、メリット・デメリットについて記事を書いています。
気になったら確認してみてください。