b-mobile メリット デメリット

b-mobileのメリット・デメリット

b-mobileの”メリット・デメリット”について紹介します。
格安SIMに乗り換える予定のある方など、参考にしてみてください。

 

b-mobile

 

メリット

5段階定額制の”おかわりSIM”

b-mobileの定額制プランは、利用した通信量に応じて月額料金が5段階で自動的に変わるシステムです。
最低料金の月1GB:500円から始まり、最高で月5GB:1,500円となっています。
よく動画の視聴をしたり、大量の画像ファイルをやり取りなどをよくする人などは、月5GBを超えてしまう可能性があるので注意してください。
そうでない人は、月5GBを超える心配はないかと思います。
こちらのシステムは、ライトユーザーにオススメのプランとなっています。

価格が安い

高速通信が使い放題で、しかも価格は安い部類なのが嬉しいメリットです。
データ通信専用プランで月1,980円(税別)、音声通話付きプランでも月2,780円(税別)という価格設定になっています。
他のMVNOを見ると、定額無制限プランや使い放題プランが月2,500円〜月3,000円くらいの価格です。
こう比べても、b-mobileがリーズナブルなのが分かります。

音声通話専用の”携帯電話SIM”でガラケーが蘇る

b-mobileには、FOMA携帯電話で使える音声通話専用の”携帯電話SIM”プランというプランの提供をしています。
月額料金に応じた無料通話がついて、さらに1分間あたりの通話料も安くなっています。
LTE・Xi対応端末は非対応なので高速通信をすることが出来ませんが、SMSの使用は可能となっています。

高速通信容量の追加チャージ可能

”おかわりSIM”で1ヶ月の通信容量が上限5GBを超えてしまった場合も、”Turbo Charge”高速通信容量を追加購入出来ます。
料金は100MB/300円または500MB/1,200円となっています。
また、通信容量を翌月に繰り越すことは出来ません。
そして、b-mobileには高速通信が無制限に利用できるプランも提供しています。

 

デメリット

トラフィック制御あり

b-mobileでは、高速通信時でもトラフィック制御があります。
詳しい規制条件や対象プランは公表されていません。
そして、低速通信時は3日間の通信量が360MB以上になると、速度制限がかかる場合も…
通信制限には注意が必要ですね。

SMSオプションがない

b-mobileにはデータ通信専用プランに、SMSオプションがありません。
SMS認証やセルスタンバイ問題への対策としてSMS機能が必要なのであれば、”音声付プラン”を選ばなければなりません。
SMSは無いと困る場合も多々あります。
その中で、プランが1つしか無いというのはネックですね。

高速定額の評判が良くない

amazonのレビューなどでb-mobile SIMの評判を見ることが出来ますが、5つ星で評価するうちの平均で1.8という良くない評価が目立ちます。
b-mobile SIM高速定額は全く速度もでず、特に混雑時は最悪な状態に…
最近では速度も改善されたという声も見れらますが、いつ遅くなるか分からないという状態にあります。
速度が遅いとストレスにもなりますし、大きな欠点になりますね。
以上がb-mobileのメリット・デメリットでした。
参考になりましたでしょうか。
他にも、メリット・デメリットについて記事を書いています。
気になったら確認してみてください。