格安SIM バースト機能

バースト機能がついている格安SIM

低速通信に制限されてしまった場合に、バースト機能があると便利ですね。
高速通信のON/OFFが切り替えられれば、節約も出来ます。
この便利なバースト機能がついている格安SIMを紹介します。

 

DMM mobile

 

DMM

 

DMM mobileのMVNEはIIJ、つまりIIJの通信設備を使ったサービスです。
バースト機能についても、IIJmioと同様にサポートをしています。
少ないデータ容量のプランを契約して、高速通信データ容量を節約しながら使うような人には嬉しい機能かと思います。
ある程度は快適にネットを利用できます。

 

OCN モバイル ONE

 

OCN

 

業界シェアの高いOCN モバイル ONEにも、バースト転送機能が追加されました。
基本データ容量を使い切ってしまった時や、高速通信がOFFの時でも、通信開始時の最初の150KB分は高速通信で開くことが出来ます。
バーストされる容量は多めになっています。
データ量が少なめのWebサイトやSNSなどであれば、短時間でロードすること可能なので便利です。

 

mineo

 

mineo

 

mineoにもバースト機能があります。
公式サイトには記載されていないので、バースト機能があることはあまり知られていません。
200kbpsに制限されている状態でも、最初の数秒間はその制限を受けずに通信が可能となっています。
バースト機能があれば、スムーズにネットなど開くことが出来ます。
これを機に、mineoにもバースト機能があるということが広まればと思います。

 

エキサイトモバイル

 

エキサイトモバイル

 

エキサイトモバイルもMVNEはIIJと見られており、同様にバースト機能を利用することが出来ます。
複数枚のSIMを使う場合、メインで使うSIMは高速通信をONにして、そうでないSIMはOFFにする、という使い方も出来ます。
この機能により、OFFにしたSIMでもテキストメインの通信であれば、スムーズに読み込みが出来ます。
高速通信を節約しながら使えるのが嬉しいですね。

 

楽天モバイル

 

楽天モバイル

 

楽天モバイルでは一部の方を除き、バースト転送機能を利用の利用が可能です。
APNが”rmobile.co”なら利用が出来ます。
通信開始時の75KBは、高速通信が出来ます。
バーストされる容量はIIJmioと同じとなっています。
しかしネット上の報告では、実効速度が好ましくないとの声が多くなっています。
バースト転送機能があるとはいえ、快適さについては良くないかもしれません。
バースト機能がついていても、思うように速度が出ないものもあるようです。
失敗をしないように、口コミをチェックしたりするのも良いかもしれません。
自分に合った格安SIMを見つけよう!