格安SIM 複数枚シェア

複数枚シェアできる格安SIM

複数枚のSIMをシェアできる格安SIMについて紹介します。

 

mineo

 

mineo

 

mineoは、複数の回線を契約する人には嬉しい機能・制度が多々あります。
まずは

”パケットシェア”
です。
当月中に余ったデータ容量がある場合、翌月になったらそれを家族でシェアできるという機能になります。
契約者と住所が同一であれば、最大5回線までシェアが可能。

”複数回線割”

1人で複数の回線を契約する場合にオススメです。
最大5回線まで契約可能で、月額料金が50円割引されるサービスがあります。

”家族割”

家族みんなで利用する人向けで、こちらも最大5回線まで契約可能で、月額料金が50円割引してくれます。
”パケットシェア”とは異なり、住所が同一で無くても大丈夫です。
主回線者から3親等以内であれば、離れて暮らす家族でも適用が出来ます。

 

エキサイトモバイル

 

エキサイトモバイル

 

SIMカードを複数枚使えて月額料金の安いサービスを選ぶなら、エキサイトモバイルがオススメです。
段階制の”最適料金プラン”、月次の”定額プラン”ともに複数SIM対応の”3枚コース”が用意されています。
オプションの”追加SIM”を申し込むことで、SIMカードを最大2枚まで追加することができる。
つまり、最大合計5枚までとなります。
オプション月額料金はSIM1枚あたり390円です。
少ない高速データ通信量に対応できるのも特徴で、”最適料金プラン”なら月額1,050円からという安さが魅力です。
SIM1枚あたりにすると350円になります。

 

NifMo

 

NifMo

 

”NifMo ファミリープログラム”は、家族で利用する人向けのプランです。
複数の契約をまとめることによって、便利な機能が利用出来ます。
まとめ方としては、親IDを1つ選び、そこに子IDを紐付けるというようにします。
データ容量を各契約で共有できる”シェアプラン”のほか、親ID・子IDともに毎月0.5GBずつボーナスのデータ容量がもらえる”ファミリーおまとめボーナス”がお得となっています。
1契約あたりのボーナスは小さいものの、例えば4契約あれば合計で2GBもらえて、シェアも出来る。
家族みんながお得感を得ることの出来る嬉しいサービスです。

 

DMM mobile

 

DMM

 

これらのコースは”シェアコース”となっており、最大3枚のSIMでデータ容量をシェア出来ます。
1GBあたりの料金で見れば10GB/月がお得で、必要な人は大容量のプランもオススメです。
使える容量が多いため、スマホの通信量が多い人が家族に複数人いる場合にはぴったりです。
データSIMの追加なら追加料金はありません。
通話SIMの追加なら8GB/月・10GB/月・15GB/月の場合は1枚増やすごとに月額基本料金+700円、20GB/月の場合は+1,000円となっています。

 

OCN モバイル ONE

 

OCN

 

SIMカード追加オプションである”容量シェアSIM”が用意されており、これを使えば最大4枚まで追加でき、合計5枚利用できます。
料金はデータSIMの場合、追加SIM1枚あたり月額+450円となります。
例えば”3GB/月コース”なら、SIM3枚で月額2,000円、SIM5枚で月額2,900円です。
なお、さらに月額+700円をすればSIM1枚を音声通話SIMに変更できます。
また月次コースだけでなく、DMM mobileやIIJmio等にはない日次コースがあるのが特徴です。

 

BIGLOBE SIM

 

BIGLOBE

 

複数枚のSIMでデータ容量を共有できる”シェアSIM”が利用できます。
対応しているプランは2つで、高速通信を6GB/月まで使える”ライトSプラン”ならSIM最大3枚まで、そして12GB/月までたっぷり使える”12ギガプラン”ならSIM最大5枚までです。

 

追加するSIMは、音声通話SIM・データSIMのどちらとも対応しています。
料金は、音声通話SIMなら1枚につき月額基本料金900円データSIMなら1枚につき月額基本料金200円がかかります。
データ容量の多さは、たくさん通信する人にぴったりです。
家族や仕事でタブレットやスマホを使う人など、複数枚のSIMで容量を利用できる格安SIMはオススメです。
色んなキャンペーンなどを確認して、お得に格安SIMを使おう!