@モバイルくん メリット デメリット

@モバイルくんのメリット・デメリット

@モバイルくんの”メリット・デメリット”について紹介します。
格安SIMに乗り換える予定のある方など、参考にしてみてください。

 

@モバイルくん

 

メリット

月額800円から音声通話プランを使うことができる

通常ならば、音声通話プランは最低でも1,000円以上はかかります。
この価格は、どのMVNOでも同じとなっています。
しかし、@モバイルくんの場合は音声通話プランを月額800円と割安になっています。
ただし500MB/月という通信量なので、通話のみの利用などデータ通信をしない方にオススメのプランです。
音声通話プランを利用するならば、5GB/月プランがオススメとなります
500MB/500円で、最大20GBまで容量を追加購入することが可能です。

容量の追加購入が可能

@モバイルくんは500MB/500円で最大20GBまで追加購入が可能となっています。
ただし、この追加料金は安いという訳ではなく、大手キャリアと同じ追加料金での提供をしています。
例えば大手キャリアであるau・docomo・Softbankだと、”1,000MB/1,000円・2GB/2,500円”と相場的には大手キャリアと差がないので、@モバイルくんの通信容量追加購入が特別安くなっているわけではありません。
また、容量のチャージ形式が”オートチャージ”となっており、残容量が1GBになった時点でSMSに通知が来ます。

通信容量の繰り越しができる

@モバイルくんは、余った通信容量を翌月に繰り越すこと可能です。
他のMVNOにも通信容量の繰り越しが出来るMVNOはありますが、@モバイルくんは余った通信容量を翌月まで繰り越すことが可能となっています。
ただし、他のMVNOと同じで、翌々月まで繰り越すことは出来なくなっています。
しかし、その分@モバイルくんの格安SIMは消滅分の通信容量をポイントに交換でき、1GBあたり200@ポイントに変換することが可能です。

ポイント還元制度が手厚い

@モバイルくんは、余ったデータ通信量を自動的に翌月に繰り越すことのできるシステムがあります。
それだけではなく、@モバイルくんのポイント還元システムには2種類が用意されています。
このポイントの使い方は、200円分としてポイントを使うか、1@ポイントを1MB分のデータ容量として交換するかという使い方が出来ます。
更に、@モバイルくんでは使ったデータ容量をポイント化出来る場合もあります。
仮に1GB使ったら、100@ポイントに還元されるということです。
つまり5GB/月プランで3GB使って2GB分翌々月までに持ち越した場合、3GB=300@ポイント・2GB=400@ポイントになります。
その為、合計700@ポイントも貯まります。
これを現金化、もしくはデータ容量化で700MB or 700円分の月額料金として使用出来ます。

3G回線を使い放題のプランあり!

@モバイルくんには、3G回線の使い放題プランの提供をしています。
現在のLTE回線が最大150Mbpsなのに対して、3G回線の速度は理論値で14.4Mbpsとなっています。
つまり理論値では、およそ10倍も速度が異なります。
とはいえ、他のMVNOの使い放題プランは楽天モバイルのベーシックプランや、その他MVNOの使い放題プランは200〜500Kbps程の速度です。
そちらと比較をすると、3G回線はかなり早い回線と言えます。
動画コンテンツも、ストレスなく再生出来る速度ではあります。
すごい速いという訳ではありませんが、使い放題なのでお得ですね!

口座振替で契約可能

基本的に、ほとんどのMVNOがクレジットカードでの支払い契約のみとなっています。
口座振替で契約できるMVNOは、BIGLOBE・インターリンクくらいで、MVNOは口座振替で契約が不可です。

 

デメリット

料金が高い

@モバイルくんの料金プランは、他のMVNOの同データ容量の料金プランと比べると、割高な価格です。
格安スマホに乗り換えるなら、出来るだけ安い料金でスマホを運用したいという人にはあまりオススメ出来ません。

音声対応SIMの最低利用期間が12ヶ月

音声対応SIMは、最低利用期間が12ヶ月に設定されています。
その為、期間中は乗り換えができません。
縛りが嫌だという人には、向いていません。

SIM複数枚のプランがない

格安SIMには、複数のSIMカードを利用できるというプランが数多くあります。
しかし、@モバイルくんにはSIMカードを複数枚利用できるプランがありません。
タブレットなど、メイン端末以外にもSIMカードが欲しいという人は、他のMVNOを探した方が良さそうです。
SIMカードを複数枚使用できないのは、デメリットですね。
以上が@モバイルくんのメリット・デメリットでした。
参考になりましたでしょうか。
他にも、メリット・デメリットについて記事を書いています。
気になったら確認してみてください。