格安SIM softbank 乗り換え

softbankから格安SIMに乗り換え出来ない?

docomoユーザーにはdocomo系の格安SIMがあり、auユーザーにはau系の格安SIMがあります。
しかし、softbank回線を持つ格安SIMはありません。
現在使用しているsoftbankのスマホで、格安SIMを利用できません。
さらにsoftbankは、SIMロック解除にほとんど対応していません。
2015年5月にSIMロック解除が義務化されましたが、softbankは義務化以前の機種は基本的にSIMロック解除は出来ません。

SIMロック解除対応の旧機種

  • BLADE Q+
  • ARROWS A 301F
  • STREAM 201HW
  • STAR 7 009Z
  • シンプルスマートフォン 008Z

 

スマホを購入して格安SIMを使う

 

softbank回線を使ってる格安SIMが無い、SIMロック解除も対応無し。
そんなsoftbankですが、スマホを買い替えれば格安SIMを使う事が出来ます。
お金が掛かりますが、格安SIMはとにかく安いのが魅力です。
機種変更しても、充分得をする可能性もあります。
これまで”ホワイトプラン””パケットし放題プラン”などで合計月8,000円ほど掛かっていた携帯料金も、格安SIMなら3,000円ほどに抑えられます。
差額の5,000円を考えると、機種変更をしても安くなります。
5万円の機種を買っても、10ヶ月で元が取れる計算です。

SIMフリー機は安心だけど高い

スマホを購入するなら、SIMフリー機が1番オススメです。
しかし、値段が高いという欠点があります。
iPhone6 PlusのSIMフリー版は、12万円ほどかかります。
お金に余裕がある人は、SIMフリー機に変えるのもありですね。

セットで買える格安スマホお得

SIMフリー機を、格安SIMとセットで買うのが手軽でお得です。
手続きが一度で終わり、スマホの代金は月々の利用料に加算される分割払いとなっています。
SIM会社によって扱ってる機種は違うので、希望の機種を扱ってる格安SIMを確認して選ぶと良いでしょう。

安さなら白ロム

費用を安く抑えたい場合は、白ロムが良いでしょう。
当たり外れがあるのでオススメとは言いませんが、値段の安さはピカイチとなっています。
事故品を保証してくれる、大手ネット通販などで購入するのが安心ですね。
しかしsoftbankの白ロムを買ってしまわない様に、注意が必要です。
docomo版の白ロムを確認して購入しましょう。

 

 

以上、softbankから格安SIMに乗り換える場合でした。
元々使っているsoftbankのスマホは使用できませんが、乗り換える方法はあるようです。
とにかく安く抑えたい!
という人は、白ロムを検討してみてはいかがでしょうか?
安く格安SIMを使おう!