So-netモバイルLTE メリット デメリット

So-netモバイルLTEのメリット・デメリット

So-netモバイルLTEの”メリット・デメリット”について紹介します。
格安SIMに乗り換える予定のある方など、参考にしてみてください。

 

 

メリット

毎月500MBまでなら基本料金0円で使える”0SIM”

So-netモバイルLTEには”0SIM”というプランがあります。
このプランは、データ専用SIMで月間500MB未満の利用なら基本料金が0円で使用することが出来ます。
500MB以降ですが、2GBまでは100MB/100円、2〜5GBまでは1,600円の定額という料金設定になっています。
普段はWi-Fiを使う人や、容量をあまり使用しない人にはピッタリのプランです。
逆に1GB以上の通信容量を使うのならば、他のMVNOの3GBプランや5GBプランの方が安くなっています。

高速通信容量のチャージ可能

So-netモバイルLTEのSIMプランでは、高速通信容量の追加購入が出来ます。
月間容量を超えてしまっても、翌月まで待たずに高速通信を追加購入できるので安心です。
追加購入した容量の有効期限は、3ヶ月後の末日までとなっています。
ただし容量の料金は、100MB/500円・500MB/2,100円・1GB/3,800円です。
結構高めの料金設定ですので、なるべく使用しない方がお財布に優しいですね。

月間データ容量無制限プランもあり

”LTE SIM+”には、月額4,180円で音声通話付き・高速通信が無制限に使用できる”データフル”というプランがあります。
1日当たりの通信量が360MBを超えると通信速度が300kbpsに制限されてしまいます。
しかし制限時間帯は翌深夜から朝方までなので、日中の使用については問題はありません。
また、月あたり10GB以下の使用量なら、他のMVNOの10GBプランの方が安くなっています。
日中で1ヶ月10GB以上高速通信が必要な人にオススメです。

So-net会員は音声通話付きプランが月額200円割引

3種類のプランのうち”LTE SIM+”だけは、So-net会員限定で月額200円が基本料金から割引されます。
200円ですが、割引は嬉しいサービスです。
ぜひ、会員になって使用してください。

”PLAY SIM”ならプラン変更可能

3種類のプランのうち”PLAY SIM”のみプラン変更が出来ます。
変更は手続きした翌月1日から適用されるようになっています。
変更不可のMVNOが多いので、変更可能というのはメリットですね。

 

デメリット

異なるパッケージが混ざっていてプランが分かりづらい

同じSo-netモバイルLTEのサービスですが、パッケージが異なりプランの特徴が分かりづらいという欠点があります。
ちなみに”LTE SIM+”はSo-net会員サポート、”0SIM”と”PLAY SIM”はSo-net SIMサービスサポートが問い合わせ先となります。
それぞれのパッケージ間でのプラン変更は不可です。
分かりずらい部分は、注意が必要です。

”PLAY SIM”は日次通信量による速度制限あり

”PLAY SIM”は、3日間の使用量が上限を超えると200kbpsの速度制限がかかってしまいます。
2GBプラン/240MB・4.5GBプラン/550MB・6GB/720MB・10GBプラン/1200MBが3日間の上限容量となります。
週末などにまとまった通信量を使う人は注意が必要です。
3日間の制限は割と厄介ですので、気を付けていなければならないのはデメリットになります。

0SIMは3ヶ月利用がないと自動解約(音声通話付き除く)

”0SIM”は、使わなければ0円なので放置をしても料金が発生することはありません。
しかし、3ヶ月利用がないと自動解約されてしまう欠点があります。
ただし、音声通話付き0SIMの場合は自動解約されないので、データ専用の場合のみ注意しなくてはなりません。
以上がSo-netモバイルLTEのメリット・デメリットでした。
参考になりましたでしょうか。
他にも、メリット・デメリットについて記事を書いています。
気になったら確認してみてください。