格安SIM 使い勝手

格安SIMの使い勝手について

広く注目を集める”格安SIM”ですが、実は使いづらいという面もあります。
安さにつられて安易に手を出すと後悔することも、しっかり調べて自分に合った格安SIMを探すと良いでしょう。

 

 

格安SIMのサポートや使い勝手に期待しない!?

 

MVNOについてよくある問題の1つに、トラブルが起きた際にユーザーがどこに相談して良いか分からず、キャリアショップに駆け込む事があります。
docomoから回線を借りているMVNOを利用している場合、スマホの画面には”NTT DOCOMO”の表示が出ます。
その為、ユーザーとしてはdocomoに聞けばいいと思ってしまう人が多いようです。
ですが、ネットワークのトラブルについては、docomo側には分からず『MVNOに聞いてください』となってしまいます。
この際に、ショップの店頭で怒り出すユーザーが多々いるようです。
MVNOのサポートは電話対応のみで、キャリアのように街中にたくさんショップがあるという訳ではありません。
つまり、サポートにはお金が必要です。
これがMVNOの安さの理由という事にもなります。
さらに、キャリアと比べてサービスについて、融通が利かない部分もあります。
スマホと格安SIMをセットで販売しているMVNOでは、支払いを24回払いにしてしまうと繰り上げ払いが出来ないなど、細かいところで融通が利きません。
そして…
今、”MVNOが話題になってるからやってみよう”という安易な考えで参入しているところが多々あるようです。
そこで心配なのが、”やっぱり赤字だからMVNOやめよう”なんて事になってしまった場合、セーフティネットがどこにもないという事です。
その時、電話番号はちゃんとほかの会社に持っていけるの?といった、リスクも出てきます。
こうした様々な手間やリスクを踏まえた上でMVNOを利用しないと、失敗をしてしまうという事になりかねません。
その為、MVNOは”2台目”として使用するのが無難と言えます。

MVNOが本当に便利なのは、メインのスマホ以外に2台目のスマホやタブレットを安く持ちたい場合ではないでしょうか。
メイン端末では、キャリア回線を利用した方が保障や店頭対応もあり、安心することが出来ます。

 

 

格安SIMは賢く使うと、非常に便利です。
しっかり調べて、自分に合った格安SIMを探しましょう!