格安SIM 音声通話

音声通話の出来る格安SIM

格安SIMはデータ通信だけではなく、音声通話に対応しているものもあります。
仕事上音声通話は必要という人など、音声通話を必要としている人は多いはず。
そこで、音声通話に対応している格安SIMを紹介します。

 

楽天モバイル

 

楽天モバイル

 

”ベーシックプラン”は、音声通話が可能で、しかも高速通信は基本では使えないプランです。
その分安さでは怠りません。
100MB/300円の”容量追加パック”を購入すれば高速通信も利用できます。
その他のプランもコストパフォーマンスは高いです。
”楽天スーパーポイント”がもらえるキャンペーンもよく行われています。
また、通話料を半額にできる通話サービスとして知られる”楽天でんわ”と運営会社が同じであり、合わせて利用することで特典がもらえるキャンペーンが行われたりします。
1回につき5分までの通話が定額でかけ放題になる”5分かけ放題オプション”もオススメです。

 

BIGLOBE SIM

 

BIGLOBE

 

音声通話機能に対応したBIGLOBEですが、月額1,600円からという安さで利用が可能です。
プランが4種類あり、それらの違いは高速通信のデータ量にあります。
基本的な1GB/月から、たっぷり10GB/月まで選択が可能となっています。
”BIGLOBEでんわ”も提供していて、通話料を半分にできて、月額650円で1,200円分の通話ができる”BIGLOBEでんわ 通話パック60”もあります。
電話を頻繁に使う人には、通話料の節約などが出来てオススメです。
”BIGLOBEスマホ”という、端末とのセットも力を入れています。

 

OCN モバイル ONE

 

OCN

 

最も安い110MB/日プランなら月額1,600円、3GB/月プランなら月額1,800円、そして500kbpsコースなら月額2,500円で提供をしています。
月次プランだけでなく、日次プランや低速のプランも選ぶことが出来たりと、選択肢も豊富です。
複数SIMを使える”容量シェアSIM”の選択も可能となります。
ただSIMを1枚増やすごとに、利用料として月額450円が追加でかかってきます。
”050 plus”では、基本料金が1番号まで無料になるサービスもあります。
090/080番号と両方を使い分けたり、あるいはIP電話に移行する為のつなぎとしても使えますね。

 

DMM mobile

 

DMM

 

DMM mobileは充実したサービス内容で、料金も業界トップクラスです。
プランは、高速通信無しの”ライト”、そして1GB/月から20GB/月まで揃った10種類があり、豊富なプランとなっています。
自分のライフスタイルに合ったプランが見つかると思います。
高速通信の基本データ通信量は翌月に繰り越しができ、追加チャージにも対応しています。
8GB/月以上のプランでは”シェアコース”にすることで、複数SIMで容量の共有も可能です。
使い勝手も良さが魅力です。

 

mineo

 

mineo

 

mineoでは、docomoプラン・auプランの両方から選択が可能です。
音声通話が利用できる”デュアルプラン”では、高速通信データ量に応じた各4種類のプランから選択が出来ます。
特にauプランは、データ専用SIMと比べて月額料金が610円しか変わらないので、気軽に音声通話SIMを選ぶ事が出来ます。
同社のIP電話サービス”LaLa Call”が、月額基本料金無料で使えるようになるのも魅力の1つです。
LaLa Call同士なら通話料がかからないので、家族との通話はこちらを使い、それ以外の通話には090/080番号の音声通話を使う、といった使い方も可能です。
高速通信のON/OFF切り替えや翌月繰り越しなど、データ通信においては様々な機能がついているのがメリットです。

 

NifMo

 

NifMo

 

3GB/月のプランだけでなく、5GB/月や10GB/月のプランも安くなり、”@nifty接続サービス セット割””機器セット割”など様々な割引があるのが魅力です。
割引にはそれぞれ条件があるので、チャックが必要です。
料金システムが少し複雑なのがネックですが、気にならない人にはオススメです。
IP電話によるかけ放題サービス”NifMoでんわ”もあります。
国内宛であれば、月額1,300円を追加することで利用が可能となります。
老舗プロバイダの絶大な安心感があります。
キャンペーンが行われていることがあり、そちらを利用すればさらにお得になる場合もあります。

 

DTI SIM

 

DTI

 

月次プランと”ネットつかい放題”のどちらでも音声プランが用意されており、月額料金の安さは期待を裏切りません。
他社と値下げ競争をすることもあるそうです。
月額780円のオプション”でんわかけ放題”をつければ、1回につき5分以内の国内通話が何回でもかけ放題になります。
電話を頻繁にかける人にはオススメです。
安く音声通話も欲しいという人は、候補に入れてみてはどうでしょうか。

 

U-mobile

 

U-mobile

 

3GB・5GBのプランは安く、二段階定額の”ダブルフィックス”プランも魅力的です。
高速通信の利用量に上限が無い”U-mobile PREMIUM”プランも用意しています。
月次プランに比べると安定性では多少劣るようですが、音声通話もできてデータ通信も使えて料金もリーズナブルなのは嬉しいプランです。
また通話サービス”U-CALL”を利用することで、半額の通話料で電話することが出来ます。
”U-mobile SUPER”はワイモバイルのMVNOであり、本家ワイモバイルと同等機能を兼ね備えています。
月額料金は他のプランに比べて割高ですが、1回につき10分以内の通話であれば、300回まで定額でかけることが出来ます。

 

エキサイトモバイル

 

エキサイトモバイル

 

音声通話がオプションとなっており、SIM1枚につき月額料金に+700円で使用が可能になります。
エキサイトモバイルでは、段階制の”最適料金プラン”魅力です。
1ヶ月で使った高速データ通信量に応じて、月額料金が決まるシステムになっています。
データ通信も従量制のように使用出来ます。
”最適料金プラン 1枚コース”なら音声通話付きで月額1,200円から利用可能。
良心的な料金が特徴です。

 

b-mobile

 

b-mobile

 

段階制料金の”おかわりSIM 5段階定額”や、一般的な”ライトプラン”、高速通信が無制限の”高速定額”で音声通話プランが用意されています。
さらにガラケー向けの”携帯電話SIM”もあります。
携帯電話SIMは3つのプランから選べるので、ご自身の利用頻度によって決められます。
音声通話とSMSに力を入れていて、データ通信は使えないが、その分料金体系がシンプルになっています。

  • おかわりSIM 5段階定額は、安さが魅力的なプランです。
  • ライトプランは、3GB/月のプランだが月額料金は他社より少し割高になっています。
  • 高速定額は、データ通信の実効速度があまり良くないという声もあります。

 

So-net モバイルサービス

 

 

”PLAY SIM”は、2GB/月の”2G/month(V)”と、6GB/月の”6G/month(V)”がお得なプランとなっています。
”LTE SIM+”では、”データフル”が特徴的です。
音声通話に加えて、1日あたり360MBもの大容量データ通信が出来ます。
”0 SIM”音声対応プランに対応しています。
データ通信が月間500MB未満であれば、月額料金は700円という安さです。
業界でも中々見ない安さを誇っています。

 

もしもシークス

 

もしもシークス

 

もしもシークスは、MVNOとして初めて通話定額プランを提供開始しました。
基本プランとなる”音声プラン”に、”かけたい放題ライト”または”かけたい放題フル”を追加することが可能となっています。
かけたい放題ライトは、月額850円で5分以内の通話が定額でかけ放題となっているプランです。
かけたい放題フルは、月額1,800円で基本的には回数・時間とも、定額で無制限にかけ放題となるプランです。
ただし、短時間で大幅な利用には、制限がかかる場合もあるので注意しいてください。
音声プランにかけたい放題フルをつけても、月額料金は3,000円に未満です。
この料金でいくらでも電話をかけ放題なので、仕事などで頻繁に電話をかける人などにオススメのプラン。
以上が、音声通話のできる格安SIMでした。
通話機能は必要!という人は必見でしたね。
また、頻繁に通話をする人は、かけ放題プランのある格安SIMがオススメ!
かけ放題のある格安SIMのまとめもありますので、そちらをご覧ください。
通話も通信も格安SIMで楽しもう!